1000万が1.6億円、パックンから学ぶアメリカの子どもへの金融教育

1000万が1.6億円、パックンから学ぶアメリカの子どもへの金融教育

1000万が1.6億円、パックンから学ぶアメリカの子どもへの金融教育をyoutubeで話しているのでそれのまとめです。

金融教育におけるアメリカと日本の違い

  • アメリカでは金融教育が日常的であり、お金についての話が一般的に行われる。
  • 日本ではお金の話がタブー視されることが多いが、最近は少しずつ変わりつつある。

家庭内での金融教育

  • 具体的な買い物や生活費の計算を通じて子供に金融教育を行う。
    • 例えば、スーパーで「今日は4人分の牛肉と玉ねぎを買うといくらになる?」と子供に予算を考えさせる。
    • 小さいパッケージと大きいパッケージの価格を比較させて、どちらが割安かを考えさせる。

若い頃の投資と節約

  • 若い頃に節約して投資することの重要性が強調される。
    • 例えば、ポップコーンを映画館で買う代わりにコンビニで買い、その差額を投資することで長期的に大きな利益が得られる。
  • 長期投資のメリットとして、複利効果や市場の回復力が挙げられる。

金融教育の具体的な方法

  • 買い物ゲーム予算管理を通じて子供にお金の価値を教える。
    • 例えば、「今夜の夕食の材料費をいくらに抑えるか?」と子供に考えさせる。
    • 電車賃と昼食代を計算させ、節約の工夫を学ばせる。

日本の現状と課題

  • 金融教育の開始が遅いことが問題視されている。
    • 例えば、アメリカの高校生は金融教育を受けて投資や貯蓄について学ぶが、日本ではその機会が少ない。
  • もっと早い段階からの金融教育の必要性が指摘される。

まとめ

  • アメリカの金融教育の進んだ状況を参考に、日本でも早期の金融教育が求められる。
  • 家庭内での日常的な会話や実践を通じて、子供たちにお金の大切さを教えることが重要。
    • 例えば、買い物や家計管理を通じて、子供にお金の使い方や貯蓄の大切さを実際に体験させることが効果的。

複利の例

前提条件

  • 年利: 10%
  • 投資期間: 20年
  • 毎月の積立額: 7万円と10万円
  • 毎月の積立による複利と単利の違い

結果

毎月7万円の積立
  • 複利の場合: 53,598,783円
  • 単利の場合: 33,600,000円
毎月10万円の積立
  • 複利の場合: 76,569,691円
  • 単利の場合: 48,000,000円

説明

  • 複利は、元本だけでなく、利息にも利息がつくため、投資額が時間とともに指数関数的に増加します。
  • 単利は、元本に対してのみ利息がつくため、投資額が直線的に増加します。

具体例

  1. 毎月7万円を20年間積立てる場合:
    • 複利の場合は、元本と利息の合計が約53,598,783円になります。
    • 単利の場合は、元本と利息の合計が33,600,000円になります。
  2. 毎月10万円を20年間積立てる場合:
    • 複利の場合は、元本と利息の合計が約76,569,691円になります。
    • 単利の場合は、元本と利息の合計が48,000,000円になります。

これにより、複利の効果がどれだけ大きいかが明確にわかります。長期間にわたって投資を続けることで、複利の力が発揮され、最終的な資産額が大きく増えることがわかります。

 

RehacQパックン前編:【後藤達也!投資ガチ議論】パックン!アメリカ金融教育とは?【長期投資】

RehacQパックン後編:【後藤達也vsインデックスファンド】パックン式!世界最強の「投資思考術」とは【アメリカ株】

コメントする